電話占いサイト独自の「料金採取」方法がある…これを比較する

先回、料金システムと総額についてのお話をさせて貰いましたが、お金のこととなれば、まだまだ比較をしていかなければならない事項があります。 今回は、このまだ伝えきれてない比較を2つほどピックアップして紹介していきたいと思います。

密かに重要な比較となるため、注意して料金システムなどを理解していって欲しいです。
では、早速、以下よりお話をしていきます。

■電話代はどちらが持つのか?

意外と盲点となるのが、見出しにある「電話代」です。 良心的な電話占いサイトであれば、運営会社側が負担してくれる仕組みとなっているので安心ですが、中には、利用者持ち(利用者から電話を掛ける)場合も。

こうなってしまうと、意外と料金がかさんでしまうこともあるため、必ずチェックをしておきましょう。
可能であればスカイプなどを利用していくとよいかと思います。 (スカイプに対応した電話占いサイト限定のお話)

■延長する場合の追加料金の違いとは?

電話占いでよく目にする光景が「予約した時間を超過してしまった」というパターン。
基本的に、電話占いは予約制で決められた時間で占ってもらうことになります。 しかし、ときとして盛り上がってしまい、いろいろと質問をしたいことが次から次へと出てしまい、結果、時間オーバーとなってしまうわけです。

このとき、その後、占い師の予定が空いていれば時間超過することが可能となりますが、電話占いサイトによっては「超過分は1割増し」のような料金システムになっていることも。 これも大きな痛手なので注意をしたいところ。
ちなみに、ロバミミは、単純に時間単位での計算となるため超過しようが、利用した時間分となります。